脊柱管狭窄症

なぜ?病院では手術しかないと言われた脊柱管狭窄症が当院の施術で改善するのか?

なぜ?病院では手術しかないと言われた脊柱管狭窄症が当院の施術で改善するのか?

さいたま市西区で脊柱管狭窄症を改善させたいとお考えのあなたへ

脊柱管狭窄症は、

背骨の歪みを取り除き、

体全体の循環を良くすることで

改善が可能な症状です。

あなたは今、こういったことでお悩みではありませんか?

  • 少しの距離を歩いただけで痛みが出て歩けなくなる
  • 腰から脚にかけてしびれたり、痛む
  • 前かがみになって少し休むと、痛みが和らぐ

そのお悩みを、当院が解決いたします。

「脊柱管狭窄症」とは?

50歳代から急増する中高年に多い腰痛

背骨は脊柱と呼ばれ、椎骨が縦に積み重なってできています。

腰の部分にある5つの椎骨を「腰椎」と言います。

腰椎の背中側には、縦に細長く伸びる空間があります。

ここを、「脊柱管」といいます。

脊柱管には、脳からつながる神経の束(馬尾)と、椎骨と椎骨をつなぐ「靱帯」が通っています。

脊柱管狭窄症は、この脊柱管の周囲の骨が変形したり、靱帯が分厚くなったりして、空間が狭くなってしまう病気です。

脊柱管が狭くなると、馬尾や、そこから脚へと枝分かれした神経根が、圧迫されてしまいます。

その結果、腰の痛みだけでなく、脚がしびれたり、動かしにくくなるなどの症状が現れます。

 

脊柱管狭窄症の原因は?

先天的に脊柱管が狭かったり正常より狭いまま発育するなどの要因もありますが、原因のほとんどは後天的なものです。

最も大きな要因は、加齢によって腰椎が変形したり、靱帯の柔軟性が失われて、分厚くなることです。

また、椎間板ヘルニアが原因になることもあります。

脊柱管の狭窄は、背骨のどの部分でも起こる可能性はありますが、痛みなどの問題が最も起こりやすいのは、腰椎です。

脊柱管狭窄症の改善方法は?

病院や整骨院での一般的な「脊柱管狭窄症」に対しての処置はどういうものか

病院も整骨院も、

「腰のみ」の治療が多いです。

 

病院では、

  • 患部を温めて筋肉の緊張と痛みを和らげる
  • シップ、鎮痛薬をもらう
  • 神経ブロック注射をうつ
  • コルセットなどの装具を使う
  • 痛みが落ち着いたら運動療法
  • 手術

整骨院では、

  • 患部に電気をかける
  • 患部を柔らかくするため腰をもむ
  • シップを出す

というようなものがあります。

 

ですが、

病院や整骨院で電気を当てたり、

マッサージなどの施術を腰だけにしても、

根本的に改善することは難しいでしょう。

当院の「脊柱管狭窄症」へのアプローチ法

下向き矢印

なぜ、当院の

「ゆがみ改善整体」

症状改善から

予防までできるのか?

痛み・不調の原因、実は「体のゆがみ」なんです

当院では、3つの調整で

症状の出ている場所だけではなく、

体全体のゆがみを整えることで

症状の改善を図っていきます

 

  1. 骨格(背骨、骨盤)の調整
  2. 体液(血液、リンパ液など)の循環の調整
  3. 手、足の関節の調整

1、骨格(背骨、骨盤)の調整とは

 

人は骨盤という土台の上に

背骨が柱のように乗っていて、

周りの筋肉が支えています。

 

内臓疲労やストレスによって

姿勢が悪くなり、

背骨がずれたり、ねじれたりすると

筋肉が背骨を歪まないように緊張するので

コリ血行不良が起こります。

 

脳から背骨を通って

神経が体全体を管理しているのですが、

背骨がずれることで

正常な神経の伝達ができなくなり

自然治癒力身体の回復システム

低下してしまいます。

 

これらのことから、

骨格(背骨、骨盤)の調整

症状を改善するための

重要なポイントとなります。

ゆがんだ骨盤と正常な骨盤 イラスト

2、体液(血液、リンパ液など)の循環の調整とは

 

人間は60%以上「水分」で出来ています。

血液、体液、リンパ液など、

生命の維持には欠かせません。

 

細胞が元気な人ほど、

この水分量が多く、

滞りがないと言われています。

なので水分が滞る「循環が悪いこと」

症状が発生します。

 

これらのことから、

体液(血液、リンパ液など)の循環の調整

症状を改善するための

重要なポイントとなります。

イラスト-血液の流れイメージ

3、手、足の関節の調整とは

 

実は、手足の関節は、

カラダのバランスを保つために

重要な役目を果たしています。

 

「人間のカラダという「おもり」

支えてるのはどこですか?」

 

1番下でそれを支えているのは、

人間の「足首」です。

負担がかかり続けると、動きが悪くなり、

足の関節「足首」もゆがみます

 

「あなたは歩くときに、

手を動かさないと歩きづらいですよね?」

 

人間は腕を振ることで

重心を移動させてバランスを取っています。

なので腕が動かすことで、

「手首」にも実は負荷がかかっているので

手の関節「手首」もゆがみます

 

これらのことから、

手、足の関節の調整

症状を改善するための

重要なポイントとなります。

  • 手の調整 イラスト
  • 足の調整 イラスト

ピンクライン

ご予約・お問い合わせは  コチラから

まずはお気軽にお電話ください!

もしくは

24時間お問い合わせ可能

ラインで予約する

初めてご来院の方へ

あなたのお身体を

改善させる自信はありますが、

「整体は受けてみないと、

自分に合うかどうかわからない」

という方が多いですよね。

 

そこで、

「できるだけ気軽に試して頂きたい」

という気持ちを込めて、

HPをご覧になった方限定で

「初回割引キャンペーン」

させて頂いております。

オフォー ホームページ限定の初回割引キャンペーン

※上記「ホームページ初回割引」は ご予約時にお伝え頂いた方のみです。

ピンクライン

ピンクライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加